トップ > 職員紹介 > 職員紹介(山本 貴大)
事業局 地域振興部 山本 貴大

 今ホームページをご覧になっているみなさんの新聞社のイメージは、「記者」や「販売」、「印刷」などが先行することでしょう。私が所属している事業部は、みなさんの新聞社に対するイメージとは異なった仕事を行う部署です。徳島県の文化・芸術・スポーツなどの振興を目的とした事業の企画・運営が主な仕事で、例えば、「はな・はるフェスタ」、「徳島阿波踊り」、「徳島マラソン」などがあります。他にも、展覧会やコンクール、小学生のスポーツ大会等、弊社主催事業は約100件あります。これらの主催事業を、たくさんの関係者と関わり合いながら、成功に導いていきます。
 一見、イベントの企画・運営などと聞くとすごく楽しそうに感じるかも知れませんが、想像以上に大変な仕事でもあります。一つの事業の核となって、運営していくので非常に責任のある仕事です。当然ながら担当者である自分が、行動しないと事業は成立しません。故に、事業がより良いものになるかは、大袈裟に言えば担当者次第となることもあり、自分のアイデア一つで、事業が良い方向に大きく動くこともあります。正に事業を自分色に染めることができます。その為には、常に事業マンとしてアンテナをはり、状況に応じて自らが判断し、動くことが重要です。責任が重い仕事ですが、重圧のかかる仕事であるからこそ、無事に事業を実施終えた時は、大変満足感がありますし、経験を積んでいくことでどんどん自信がつき、少しずつですが成長していると実感することができます。また、お客様との距離が近い職場でもあるので、「ありがとう」「楽しかったよ」など生の声を聞くことができることも、事業部の大きな魅力だと思います。
 みなさんも、それぞれ先を見据えて、日々がむしゃらに就職活動に励んでいることでしょう。その行きつく先が徳島新聞社ならば、充実した日々を約束するとともに、歓迎します。

backnext